大好きなものがあるというのは大変で、そして楽しい

趣味や好きなことを聞かれるのは少し苦手です。なぜかというと、たくさんあるから。
ですが、私を構成するのに欠かせないものといえば結局は音楽かな、という結論が出ます。

中学生頃に友人の影響でロックなどが好きになり、高校生の頃はバイト代を注ぎ込んで好きなバンドのCDを買ったりライブに通い詰めたりしていました。
その頃の思い出は今振り返ると痛い黒歴史ですが、それ以上にキラキラと輝いていて、まさしく青春だったなぁなんて思います。

学生時代のように必死にライブに通うようなことはなくなりましたが、今でも生活に音楽を欠かすことはありません。
朝起きてから家を出るまでの時間、通勤時間、休憩時間、料理中、お風呂中、就寝前・・・・・・いつだってそこには音楽が流れています。
このデータ化の時代に、CDショップでジャケ買いをする事もあります。

月日が経って解散したアーティストや聴かなくなったアーティストがいます。
それ以上に、新しく好きになった音楽ジャンルやアーティストがいます。
これから先も、そのアーティストたちが作る曲を聴きながら生きていくのだと思います。ミュゼ 100円 予約