前面の操作やニュースのノーマライズなどについて受講

リレーショナル機種データベースなどについて演習しました。リレーショナル機種データベースは、表形式で集計を管理する結果、表見積りソフトと同様に行(レコード)の整列、確認、抽出などの操作をすることができます。リレーショナルデータベースで集計を管理するには、集計を記録する表面を定義する必要があります。こういうときの定義が適切でないと、集計の献上・改定・カットなどのときの集計セーブに不便が現れるケー。集計を操作する際に不便が生じないみたい、効率的な表面を定義やる運転を集計のノーマライズといいます。リレーショナルデータベースは、要因算定とよばれる操作により表面の中から必要な集計を必要な形で差し出すことができます。要因算定には調査、射影、混合の3つがあります。集計を取り出すときに生まれる新表面は、本当に集計を保存している表面(実表面)から作られた見かけ上の表面で、ビュー表面とよばれます。実表面は、初歩表面ともよばれます。ビュー表面は、類推表面ともよばれます。リレーショナルデータベースについてぐっとわかりたくなりました。キレイモ 効果